Press "Enter" to skip to content

「CB400SF/SB」をレンタルしよう!

400クラスのネイキッドスポーツ ホンダCB400SF/SB

400ccクラスのネイキッドスポーツの中でも、絶大な人気を誇っているのが、ホンダCB400SF/SBです。
フルモデルチェンジを遂げたこちらのタイプは、ホンダライダーのみではなく、他のライダーからも、注目をされているバイクと言えるでしょう。

見た目には、CB400スーパーフォア時代とそこまで変化がなく、発売当初、どの点が変ったのか疑問に感じているライダーは少なくありませんでした。
ですが、実際に乗ってみると、その違いは圧倒的。
低回転域、中回転域でも圧倒的に力強く、安定した走りをすることが出来る点が特徴の1つで、今までのネイキッドとは全く違った感覚を味わうことができます。
街乗りでも安定して走りやすいタイプに生まれ変わったといっても、過言ではありません。

低回転域、中回転域が安定していると、高回転域だとスピードが足りず、爽快な走りをすることが出来ないかと思われがちですが、全くそんなことはないでしょう。
元々のモデルと変らない、高回転域になっても爽快な走りを楽しむ事が出来る点が大きな特徴です。

このように、モデルチェンジの違いは走ってみると大きな違いを実感することが出来ると言えます。

ABSシステムを始めて搭載したモデル

ホンダCB400SF/SBでは、400ccのネイキッドクラスで始めて、ABSシステムを導入したバイクです。
フルブレーキをかけてもロックすることがなく、一瞬固まるだけで、すぐに何事もなかったかのように減速が始まりますので、非常に安心して乗る事ができるでしょう。

ネイキッドスポーツモデルはABSシステムを搭載しても、圧倒的スピードとパワーもあって、なかなか思ったように効果が出ないという事が少なくありませんでした。
ですがホンダCB400SF/SBでは、ちょうど良いバランスで性能をアップさせているため、自然にABSの機能を活用することが出来るでしょう。

街乗りなどで急に飛び出しがあった際に、驚いてフルブレーキをかけてしまうと言うライダーも少なくありません。
大きな事故に繫がらないようにするためにも、非常に重要なブレーキシステムであると言えるでしょう。

液晶パネルは切り替え表示で見やすい

液晶パネルが搭載されているホンダCB400SF/SBですが、ツイントリップとオドメーターを切り替え表示することが出来る点が特徴です。
タコメーターを始め、時計や燃料系なども表示することが出来ますので、ツーリングの際などにも便利に活用することが出来るでしょう。

また、CBの要とも言えるシャープなテールカウルは健在で、LEDライトを搭載した明るいテールランプは、ちょうど良く周囲を照らしてくれます。
このように、ホンダCB400SF/SBには様々なメリットがありますので、存分に活用すると良いでしょう。